読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rkgkpyrk

^q^

古い表現だけど『ktkr』みたいな。

日曜日だった。昨日の続きの打ち込みをやり、途中天才なんじゃないかと錯覚したが、気のせいだった。今日はもう耳がダメなので明日以降に仕上げとしたい。

日本の朝ぐらいの時間に出社した*1。色々不満はあったが、まぁそういうこともあるだろうとぐっと堪えるシーンがあった。夕方ごろに職場を出た。

夜はこの辺に遊びに来ている知人と食事という感じだった。予約していったのだが、随分混雑していて、予定時刻より30分ほど待たされることになった。花やプレゼントなどを抱えたご婦人が結構な数いたので、まざーずでい的なアレだろう。サプライズ的な何かを各位が施すため普段より1単位顧客あたりの滞在時間が延び、人を裁くスピードの予測モデルからかい離が生じた、といったところだろうか。知人氏とはまさに2年ぶりという感じだったが、知人氏曰く『全然変わってねぇ』とのことだった。2年前から10kg体重を落とした人間としてはその反応はショックだ*2

帰りは何故か普段あまり話をしない同僚な人を家まで送ることになった。僕はコミュ障だし、向こうも向こうで僕がどういうトピックの会話を好むかどうかあまりわからないだろうから、どうにかして車に乗ってる間は会話をつなげていかねばなるまい。やはり無難なのは職場の話題で、最近sensationalな人事があったので、その件について話したりしつつ、やっぱり日本のやつらはクソだとか、結局我々は間に挟まれる存在であるとか、ローカル人材間に構成されている人脈の重要性などについて会話を広げた。

無事を送り届け帰宅、打ち込みを再開して耳がダメになったあたりで今に至る。

*1:えっ

*2:もしかして最近太ったかな。