rkgkpyrk

^q^

休日っぽい。

土曜だった。

昼まで寝て、職場の友人から昼飯でも食いに行こうという連絡で起床、昼食を摂ったあとおうちに帰ってDTMしたり色々しておしまい。

休日っぽかった。

広告を非表示にする

大雑把にいえばとりあえず記念日。

昨日は日本時間で個人的な記念日だったので*1、ケーキを食べながら振り返りなどをした。

日記を書き始めてからはじめての記念日だったので、少しちゃんと書いておこうと思う。事件は某年前の6月23日の朝5時頃、まぁ僕は寝ていたんだけれど、携帯がメールを受信して、そのバイブレーションで起床したのだ。それは当時のボスからのメールで、そこには大雑把に言えば、僕が社会不適合であること、研究への姿勢、話し方、歩き方に至るまであらゆる面で改善が必要であることなどが記述されていて、まぁ当時のどんな気分でそれを見ていたかと言えば全然覚えていないのだけれど、多分割とその内容に心当たりがあり、そしてどうすれば改善できるのか全く見当がつかなかったんじゃないかと思う。

まぁそんなつらい思い出をわざわざ毎年思い出すための日かといえば、そういうワケではなくて、たとえば、『もし自分が滅茶苦茶調子が良いときでも、あんな時代があったことを忘れない』だとか*2、『簡単に人生は転落することがある』だとか*3、ボスは一定以上の能力や自身の価値観を有することが当たり前だと考え、弱者や多様性を受け入れられなかったわけで*4、反面教師として『可能な限り多様性を受け入れよう』だとか、『みんなそれぞれに思うところがあって、自分の思い通りにはならない』だとか、『出来る限り人にやさしくしよう』だとか、まぁそんな感じのことを再確認する機会にしている。

ちなみにそんなやばい日をお祝いをするなんて初めから考えていたわけではなく、偶然にもそのちょうど1年後に今の会社の内々定をもらったりしており*5、当時の同僚氏がそのお祝いにご飯をおごってくれたのがこの日を祝うことになった発端である。

まぁそんな感じなので、この記念日に美味しいものを食べたり、好きなことをするのも大変意義深い行為であり、今年は去年と同様にケーキを食べたり、あとは某舞台の動画を見て楽しく過ごすことが出来た。夏休みの旅行の計画も立てて、国内線の飛行機の予約もした。

ここまでが昨日の話で、今日の話をすると、労は普通だった。 今のところ嵐はまだ来ておらず、ボスと、

ボス『君はしばらくは日本に行くことが多そうだな、日本に帰るのは好きかい?』
僕『まぁ悪くないよ。』
ボス『この頻度の高さ・・・結婚の準備だな?』
僕『殆ど出張だし、そもそもボスの指示なのですがそれは・・・。』
ボス『オーケーわかった、出張1回につき1回結婚してきて、上長命令な』
僕『????????』

といった茶番を繰り広げる程度の余裕がある感じだった。 ボスはボスでご家族が母国に休暇で帰っているらしく、『じゃあ今自由の身なのかー』などと聞いてみると、『俺たち家族はいつでもつながっている、息子から四六時中、何か買ってくれーとか、アレどこいったっけー?とかそういう連絡が来るんだ』などと冗談交じりに言っていた。仕事の話もちょっとした。

仕事のあとは日本にいる知人達と、この夏のキックオフミーティング*6をしたり、あとは車のワイパー交換をしたりした。まぁそんな1日。

*1:社会不適合者記念日と呼んでいる。

*2:ちなみにこの目的でこの日を活用したことはまだない。

*3:驚くべきことにそのちょっと前まではきわめて優秀な学生だったらしいのだ。

*4:エリートコースを爆走していった人間が生存バイアスにとらわれるのは仕方ないことだ。

*5:6月下旬にようやく就職活動を終えている時点で色々察してほしい。

*6:?????

合法麻薬を摂取していた。

色々あったけど今日は動画という名の合法麻薬を見すぎて夜遅くなったのでおやすみ。

淡々とした日だった。

今日は前後を嵐に挟まれた静けさという感じだった。少しお勉強などの時間が取れた。残念ながらミーティングなどもあった。

帰宅後は無駄に期待値計算などを嗜んだり、某舞台の配信を眺めたりした。

そういえば荷物の受け取りをわすれたので明日は仕事の前にアパートのりーしんぐおふぃすに行きたい。

短いけど終わり。

色々脆い。

今年の夏はやっていくことに決めたはずなのだがどうも心があっさり折れそうだ。

はじめる前から自分のやってることをクソ呼ばわりするとはまるで重鎮だね。それがクソが評価するのはお前じゃない、いいからやれと毎日100回唱えている*1

ポジろうと頑張ってるのだが、今日は知り合いの方からポジティブな話題を聞き、良い感じだった。少し頑張る気になった。そういえば金曜日は個人的な記念日なので買い物に行き、ケーキの材料なども買った。すごく久しぶりでちゃんと出来るか不安だ。

ところでこれは今日の料理の進捗、僕の愛用しているセラミック製の包丁だ。

現実は厳しい。

*1:唱えていない。

広告を非表示にする

だるい。

月曜日だった。午前中は厳しかったので在宅からの労スタートとした。

同僚氏が月曜の朝っぱらから空気を読んでナイスなパワーポイントを作成、メールに添付してきたので、彼のような人間は早くこんなところから逃亡すべきだなぁとしみじみ思いながら僕もパワポを眺めていた。

昼前に出社、ボスはいないらしく、調査方面の仕事を進めた。スキマ時間で海鮮丼を眺めていたら、あまりに初歩的なミスに気付き、修正したらなんかちゃんと動いてるっぽい感じになった。良かった。

帰宅後、少し断部屋の片付け的なことをしたりした。筋トレもした。どうもこの国のやつらは月曜日は元気らしく、フィットネスの部屋が少し混んでいた。スミスマシンでスクワットするのが好きなのだけれど、使われていたので、あくまでチャリを漕ぐやつをやった。あまりに衝撃的だったのだが、これが超しんどかった。

冷静になってみると、最近は筋トレばかりでこういうアレをやっていなかった気がする。めんどくさいけれどたまには有酸素運動を取り入れた方が良いかもしれないなぁと思った。普段ほとんど歩くこともないから特に。

今週はケーキを久しぶりに焼こうと思っているので、明日は買い物にも行こうと思う。

広告を非表示にする

かぜにあそばれて。

日曜だった。昨日のノリでDTMが捗り、進捗した。夕方に身体の電池が切れた。

夕方の精神衛生状態は大変悪く、『僕は人生もう無理』『そんなことないよ君は頑張ってる』『頑張っても結果になって他人から可観測にならないと評価されないし、そういうのが全くないのは僕のクズたる証拠だよ』『そんなことないよ世の中大体みんなそんな感じだよ』『そいつらが人生最後まで楽しく過ごせる保証はあるの?ねぇ?あるの?』『ないよ、ないけどだから…やっていこうといつも頭を抱えてるのでは?』『そうだけど…これほんとに意味ある?世の中には超強い人たちがわらわらいるんだよ、僕では厳しい』『きっとそうやって諦める人が過半数だからやりゃなんとかなるよ、きっと』『君はそういう変なところで妙に楽観的だからいつまでたってもロクな結果が出ないんだよ』『いやロクな結果がないのはその通りなんだけど…』といった独り相撲などが展開された。

あまりにあんまりなのでゆっくりお湯に浸かるなどした。どうにもならない今日はせめて笑い話に変えられますように。