rkgkpyrk

^q^

あたいってばさいきょうねー。

月曜日、今週は水曜日に休を入れてあるので、最強になった気分だった。実際のところ、用事があるため休を入れており、休を休として活用できるわけではなく、そういう意味で最強ではないのだが、しかしながらとにかくそういう気分になれるのは良いことだ。

新たな職場に来てもうそこそこ経ち、僕にも一緒にお昼ご飯を食べてくれるお友達ができたのだが、各位海外出張だったり、インフルエンザだったりと、各位圧倒的に活躍していたので、ぼっち飯ではなまるうどんをキメた。 まぁなんというか正直いって冷やしのうどんとか数年単位で食べてなかったので最高 of 最高だったし、まぁなんていうか、少しずつ小さな幸せを噛み締めていこうな、という気持ちになった。

職場では時々、『転職しないのか』とか『こっちに染まってきたね』だとかなかなかみんな煽ってくれるのだが、 まぁそれも仕方ないなぁと思う今日この頃だ。みんな僕の前の職場に夢を見ている。当然だ、アメリカンドリーム、グレートに違いない。 その一方で現実として僕のマネージャはマネジメントを放棄していたのだった。 マネージャ氏の祖国スタイルのチーミングは一言で言えば雑、本当に雑という感じであった。 そのやり方がマネージャ氏の祖国の人間には合っていたのか、大半のメンバーは某国出身で、その割合は日々増加をしている。

今でも判断がつかないのはあのチームに当たったのは不運だったのかというところで、 不運というのは例えばチームガチャで平均的な水準以下の水準に当たってしまったということを指すのだけれど、 某国は人口比的にもメジャーであり、グローバルに活躍するというのはすなわち彼らに合わせることなのではないかとたまに思うことがある。 もう僕はドメスティッククソザコゴミ粒だからこんなこと考える必要もないのだけれどね、やったー!!

まぁともかく、あそこでの仕事のやり方に比べると、今の方が随分スマートに見える。 少なくとも同じ国の人たちだからかもしれない。もちろん環境は前のほうが良かったし、仕事以外の会話をするなら前の各位の方が付き合いが長いぶん楽なのだが。 その一方で、とにかく現職は周囲の各位からすこぶる評判が悪いが、とはいえ僕自身がよく知らないものをdisるのはあまり良くない気もするので、もうちょいよく考えてから進退を考えたい。

まぁそもそも労はよくないのだけれど、労が無いと収入がなくなるという現実的な問題があり、やはり現状労をするしかなさそうだ、必要悪必要悪。 最近は若者の退なども目立っているそうだし、チーム最年少の僕としては、いずれ『D進させなきゃ退職しちゃうぞ〜♪』などと迫ってみたい(渾身のハロウィンネタ)(おそすぎる)。

へらへら。

週一のペースになっている。まぁそれは良い。

今週は労もぼちぼち、新たなチームに歓迎されたり、同期たちとの戯れ、あとは住処の確定などがあった。 新たなチームは労なので特にコメントは無いが、まぁぼちぼちやっていくかという感じだった。 同期たちの戯れでは、旧友の共通の知りあいなどがおり、そこから聞いた旧友の人生の進捗状況が圧倒的すぎて少しメンがヘラるなどした。 人は人、自分は自分なのだが、想像よりかなり強い話だったので混乱してしまった。

なんとなくそういうこと*1もあり、少しD進的なことを意識してしまった。 割といろんな人にとっととすれば良いと煽られており、僕も煽られるだけでなく、煽り手としても活躍しているため、 煽ったからには落とし前*2をつける日が来ることもあるのかもしれない。 まぁちょっと落ち着いたら真面目に考えて見ようと思う。

スルーしそうになったけれど住居も得られた。 衣食住はだいじ。この一ヶ月生きてる感じが無かったが、今週はようやく生き返れそう。

*1:つまりはそういうことだ。

*2:???

広告を非表示にする

生きてる感じがしない。

また一週間が経った。先週より気候が良かったのと、労の飲み会が無かったのが幸いし、なんとかなった。 スミスマシンが恋しくなってきたが、レトロスペクティブランニング*1で代替とした。 1度ちょっと走っただけで完全に足がダメになったが、ダメになっていたあたりをテーピングで補強したら最強になったので8km走った。 走った次の日は異常に爆睡した上に代謝が異常によくなりよく汗をかいた。最強だった。

労の場は色々不満はあるものの、自分が一緒に仕事をする人は想定しうる範囲の中ではもっとも良さそうな感じで、 『これはまじで僕の退職対策にテコ入れをしてきたのでは???』という感じだった*2。 その一方で、Outlookがレスポンシブデザインを採用している*3ことがわかるなど、 画面が小さくなければ気づくことがなかったであろう様々な気付きがあった、最高!!! あとはまぁ色々思うところはあるけれど、それよりも不動産屋が仕事をしてくれないことが今最高に厳しいので、相対的に労への不満は少ない感じだ。

不動産屋は本当に最悪で、『明日までにやります』と言った翌々日に進捗ゼロで『契約担当になりましたご挨拶のためお電話を』などと舐めた電話をかけてきたりする。 更に電気、ガス、水道やインターネットのサポートをしてくれる業者を紹介すると言われたので紹介されてみたら、 電話、ガス、水道の会社の電話番号を教えてくれるという最高のサービスがあり、更に某プロバイダが最安(そうでもない)だからこれにするといいと教えてくれるという最高のサービスをしてくれた。 本当に色々最悪なのだが、唯一、『紹介してくれた物件』だけは良いのでブチギレることができない。キラーコンテンツ大事。

週末は知人たちとボドゲをしたり、スゴクタカイニクを食べたり、カラオケに行ったりした。その帰宅中に暇だったので随分悪いツイをした気がするが、 あんまりあぁいうタイミングで悪いツイをするべきではないなぁと思いながら、自覚があるのに悪いツイをするのは本当に悪いなぁと悪いツイを続けたりした。 そういえばカメラも新調した。

とにかく実家にいると、自分のあれこれがなく、何もする気が起きないので、はやく住処と自分の荷物がほしい。不動産屋は本当にとっとと仕事をしてほしいし、ほとんど価値を生み出してない気がするのでとっととぜんぶエーアイで自動化されてほしい。

*1:高校時代に部活で使われたいにしえのランニングコースを走る

*2:自意識過剰である。

*3:ウィンドウサイズを極度に小さくすると挙動が変わる。

適応困難。

今日は完全にダメになっていて、具体的にはほとんど自室で寝ていた。

社会に適応できるか心配だったが、今日の疲れの出方からすると、まさかここまでとは・・・という感じだった。『いやいや新生活始まってバタバタしてんじゃないの?』という感じもあるが、実際のところまだ新たな住処も決まっておらず、始まってすらいないという感じのアレである。

今週、お仕事では新たなチームにジョインという感じで、まぁまだよくわからんという感じだった。なぜ僕がここにいるのかさっぱりわからなかったが色々な人の話を聞いているとなんとなくわかってきた感じもあり、まぁとりあえずやっていくかーという感じになってきた。いい年した人間なので、一定の収入を獲得しないと生きていけないのだ。

その点はあまりしんどくなくてよかったのだが、一方でしんどかったこともいくつかある。例えば久しぶりだからと飲みなどに付き合ったのだが、これにより日常生活維持が大きく困難となった。たまには人とお食事をするのも決して悪いことではないが、相手は選ばなければならない。めんどくさい。今週は久々だから補正があったというのもあるが、今後はもっと切り詰めて行きたい。給料も半分以下になったし、節制をね。

他にも、多分最近の気候の影響もあるのだと思うのだが、オフィス内の温度、湿度、酸素濃度にいたるまで人間が快適に過ごすためのそれとは到底思えない感じで、かなり厳し目だった。オフィス外に避難していたら、ちょうどそこを通った知り合い氏に避難場所ノウハウを教えていただけた。

悪いことを挙げすぎるとネガティブになりそうだが、まぁなんというか、決して短くない期間疎開をしていたわけなのだけれど、その間に思ったより色々全然良くなってなくて結構残念だった。退職者がぐっと増えているのをあちら側から観測していたが、こちらに戻ってきてからも退職アクティビティや転職の予兆などをいくつか観測しており、この流れはまだしばらく続くのだなぁという感じだった。

あと仕事外で良くないなぁと感じていることに、仮住まいとして活用している実家がある。休暇中滞在していた頃からわかっていたことだが、僕が長期滞在するにはこの環境は随分つらく、そして一方でもともとここに住んでいる住民たちの平穏を僕が脅かしているのではないかと感じることが時々ある。早くここを出るのがWin-Winだと思うので、早くその辺ケリをつけていきたい。

広告を非表示にする

そうだね。

終わった、まぁ色々。

色々思うところはあるけれどそもそもまだ落ち着ける状況じゃないし*1、まぁどうしたもんかなぁという感じ。ギリギリまで収束せず最後にぶん投げちゃうのは本当によくないなぁと思いつついつもやってしまうので成長しないなぁという感じ。

チームの各位からサプライズがあった。驚いたことに、それはかつて僕が先輩にやった*2のと同種のものであった。以前それを見たほかの人が、社内イベントで採用、それをみた各位が今回僕に同じことをしたというところだろう。まぁ記念品的なあれなので、うれしいにはうれしいのだけれど複雑な気分だった。変な文化を伝授してしまったなぁという・・・まぁその。

いろんな人にやり残したことはないかと聞かれたけれど、まぁ何というか、僕にその気があればいつだってここに来ることはできるし、やりたいときにやれば良いかなぁと思った。いつだって僕たちはやりたいことを全部はできないんだよ。

やり残したことは次に取っておく。もうちょっとそういう感じでやっていってもよいんじゃないかなと思っている。

*1:ばたばたするのはむしろこれからだ。

*2:激励である。

広告を非表示にする

淡々と。

労の引継資料(多分誰も引き継がない)もおおむね収束してきた感じで、あとちょっとだなぁという感じ。そろそろあっちからの引力が働いており、その辺ともやりとりをした。

 

そろそろ出荷目前なので、帰宅後は荷詰めの作業。そろそろ自分の旅行かばんも詰め始めてみようと少し詰めてみたら、部屋から多くの細々したものが消滅、大きく進捗した。人にあげるものをすこし綺麗にしたり、そういったあれにも少し取り組んだ。

 

片付けの最中、無意識のうちにキャラメルを食べ、口の中で硬いものがそれにくっついてる違和感に気づき、「あぁこの人は本当に何も学ばない、救いの無い人間さんですねぇ」という気持ちになった。悔しいので両側の接触面を磨いて清潔な状態の保持を心がけた。

 

やっていく。

 

 

 

 

広告を非表示にする

みっかぶん。

金曜。定時後ボスと卓球をしながらぐだぐだ話すなどした。まぁなんというかのんというか。僕のこの大した長さでもない労働生活において一番長い付き合いになるのがこのボスだというのも不思議な感じだが、まぁそんな感じで色々喋った。金曜の晩から少し遠出する予定だったので一緒に少し遠出する人が呼びに来たのでそこで終わり。遠出の人はボスと大変関係がよろしくなくて、「あの人は長いこと卓球やってるけど全然うまくならないね」などと本当にしょうもないことを言っていて、人間だなぁと思った。「ただコミュニケーションツールとして卓球を使ってるだけだと思いますけどね」。僕もせいぜい健康のためくらいの意識しかないので*1、あまり上手い下手、勝ち負けに関心がない。だから部活でうまくやれなかったのかもしれないけれど。

土曜、まぁなんというか、人間と一日中一緒にいるというのはその人が機嫌の良い時も悪い時も見るということで。いつものことながらなんでこの人と旅行してんだろうなぁという気持ちになった。行ったとこは行きたかったとこだったので良かった。特に朝1人で散歩してる時などは最高だった。

日曜、昨日遠出先のレストランにクレカを忘れたので、クレカを止めた。再発行してもらう頃にはもう僕はいないので解約することとした。昼はこっちにいる同期氏がホームパーティをしてくれるとのことでお昼をご馳走になった。既婚者様はやはりすごくて、食器などもオシャレで多様だ。ご飯も美味しかった。帰宅後、片付けをしつつ昨日買ったお土産用のキャラメルを味見したら歯の詰め物が取れた。

クレカも車もなく、早く歯科に行かねばならない。あまりに不便なので別の意味で早く帰りたくなって来た。

*1:そもそもバスケを始めたのだって、中学時代父親に運動部に入ることを半ば強制されたからだ。

広告を非表示にする