rkgkpyrk

^q^

どよう。

土曜、起きたら昼だった。電気はついてるし何か二度寝したようだが全く記憶がなかった。そういうこともある。

病院に行こうと思って行ったら、やってなかった。google先生の情報間違ってたっぽい。診察券持ってんだからそれを見りゃわかった話だけれど。 っていうかまぁ、起床に失敗しなければこんなことにはならなかったのだけれど。

失意の帰宅ののち、衣類のお店の閉店セール情報があったので、そこと、その近くのバイク用品屋にバイクで買い物に行った。夏用ジャケットとか夏用ライダージャケット的なのとかを買った。夏用ジャケットは9月あたりまでは封印予定。ライダージャケットというのはつまるところ何か緩衝材的なものが入ったジャケットだ。今日などは酷い天候で通年用を今の時期流石に着る気が起きないわけだ。雑にウィンドブレーカーなどを羽織っていったのだが、風で布が異様に振動して壊滅的な着心地だし、安全面もあるし、お店に向かう途中、やっぱりライダージャケット的なの着るべきだなぁと、そういう思いでいたらバイク用品屋にアウトレット品でよさげなのがあってやったぜという感じだった。値段も見た目も大満足で、衣類なんだから見た目も大満足は当たり前だろうと思われがちだが、バイク向け衣類はすぐ値段がインフレするので、見た目を妥協しがちだ。今回は本当に奇跡的で、こういうこともあるのかとちょっと感動するレベルだった。ほんとは靴が欲しかった気がするんだけどバイク用の靴、要件定義が出来なくて今のスニーカーでいっかってことになった。

走行距離は100kmくらい?帰宅後は家でだらだら。

まさにポエム。

まぁなんというか最近は結構強めの虚無感があり、一方で自身の生活を眺めてみるとまぁなんと平穏なこと。平穏なのはそれでよいのだけれど、さてこの虚無感をどうしたものかと。生命の危険には晒されていないけれど、そこには何もないという感じで厳しい。よくするための施策などは、上手くいくか、確度のようなものは別として、いくらでも思いつきそうなものなのに。

そういうのをもうちょい実行してみようかなと考えてみるタイプの人間だった時期もあったような気がするのだけれど、今となってはあれは何だったのかという感じのアレでアレ。なんというか言い訳がしやすい環境にいると言い訳が上手になるというけれど、いや本当に言い訳がしやすい環境に慣らされてしまったなぁという感じ。やってみようと思うことに対してやらない言い訳を活用して上手に積集合をとっていくと容易に空集合が得られるし、それってまさに虚無ですねーという感じ。

まぁそんなねじ曲がった(というかむしろ自然とも言えるのかもしれないが)、僕の気持ちなどを少しずつ補正してやらねばなぁという気がしている。嘘から出た真じゃないけれど、適当にやらない理由をとっつけてた諸々、時間経過につれて難易度あがってったりするんだよね。

残念ながら自然体で過ごすというのは良いものではなく、整体に通ったり、適度に運動した方が身体の調子が良いのだなぁ・・・(そして長期間放置した身体は健康を取り戻すのにずいぶん時間がかかる・・・)。メンタル面でもそういう感じのアレが必要、意識しないと背骨が曲がり脂肪がつくように、虚無もたまっていく。いや良い感じに生きるのってすげぇ難しいっすよねーって話ですね。

歌詞を書かなきゃいけないので、とりあえずこんな方向性で歌詞を書こうかなと思っている(??????)。

やっていき。

先週の土曜日、都内の梅雨明けの報道などもあり、実家に帰って室内の置き場に収納されたバイクなどを回収しに行こうかと思っていたら、珍しく妹から電話があった。祖父の容態が悪化したとのこと。 祖父が入院している地方の病院に家族と駆け付けると、既に危篤とのことだった。ずいぶん苦しそうな呼吸をしていた。見るからにしんどそうだった。 半年ほど前から食事が困難になり、そして今回、いよいよ安らかに眠ることすら許されなくなったというわけ。長年なんとか生きてきた人の最後がこれかと思うと本当にキツい。 その後大分遅い時間になったが容態は変わらず、祖父を見守る各位に挨拶して事前に予約していたホテルに戻った。このあたりから僕の体調が少し崩れ始めた。しゃっくりも出始めた。

翌日になっても祖父の容態はあまり変わっていなかった。危篤といっても色々あり、案外長期にわたることもあるとのことで、一度東京に帰ることにした。 危篤の祖父を前にして東京に帰宅というのも割とアレだなぁと思いつつ、これが長引いて病院に残る各位が全員ぶっ倒れでもしたらそれはそれでアレなので、 終わりがいつくるかわからない、不確定要素が大きい現段階では個人的には分散させる戦略は合理的だと思う。

とりあえず事態が変わるまでは出社していようと思ったが、まず月曜日、僕が先にダメになった。しゃっくりだけじゃなく身体のだるさがあり寝込んでいた。 結局火曜の午後から栄養ドリンクを入れて出社、しゃっくりが酷くて夜はほとんど眠れない状態が続いていた。 お陰様で水曜の朝方、『終わったこと』を伝える母親からのLINEの通知をリアルタイムで受け取ることができた。

水曜日、体調はもちろんだめ。ここまであたかも冷静に僕は振舞っていました感を出しているが(出ている?)、この日は完全にヤケクソだった。 栄養ドリンクドーピングをしまくり、定時まで仕事、その後幹事を仰せつかっていた飲み会を敢行、飲み放題だったのでヤケクソで酒を飲み、帰りにその足で新幹線、在来線を乗り継ぎ祖父の家の最寄り駅へ行きホテルに泊まった。

木曜日が通夜祭、金曜が葬場祭だった。木曜は諸々で各位バタバタしていたので、午前中から祖母の話し相手をしていた。昼過ぎごろ、流石にお前のしゃっくりおかしいよやべぇよと怒られがあったので空き時間に病院に行ってお薬をもらった。 普段僕が薬局で買ってるやつと同じのが処方されたので、こんなに安いなら今度から病院行こうと思ったりしていたが、今回は驚くべきことにほぼ効かなかった。 金曜の葬場祭で親戚の方から、ずっと肩を震わせてるから泣いているのかと思ったといわれた。残念しゃっくりちゃんでした。しゃっくりがなかったらもっと色々頭の中ぐるぐるして大泣きしていたような気もする。 諸々のあと、東京に戻った。土曜でも午前中なら病院やってるから絶対病院行けよと各位から念を押された。 特に毎晩ホテルに泊まるたびに、隣のベッドでずっとしゃっくりをしているかと思えばトイレに駆け込み吐くのを繰り返すのを見ていたであろう親にはかなり念を押された。 いやわかってますよ僕から見たってこれは異常だ。

纏めると、本当に睡眠と食事が奪われた生活というのは最悪で、本当にこんなん生きてて楽しいのかよと思いながらこの1週間過ごしていた。 生きるのはデフォルトで容易に苦行になる。それをどうにかして楽しくしていかなきゃいけないらしく、祖父は老後、勝手に家の改造を敢行したり、本を読んだり(『数学の本を読もうとしたが全然わからん』などと言っていた時期もあった。)、 そこに一緒に住む各位はそのやんちゃな姿に苦言を呈していたけれど、あれは楽しそうに見えて、実は迫りくる虚無に抗っていたのかもしれないなぁとも思える。 それが何もかもできなくなって食事が奪われたのが半年前、いや、本当にお疲れ様、つらみだらけだったのではなかろうか。そして僕は本当にどうしようね。いや本当に。

後日談だけれど、土曜日の午前中に近くの内科に行った。前回は焦ってたのもありしゃっくりが1週間近く止まらないとだけいったのだけれど、 もう少し情報量が多いよなとか、色々思うことがあり、吐き気とか胸焼けとか、以前もらった薬とか詳細に話した。 食事は普通にとるようにと言われたので、昼を普通にとった所、やや吐き気があるものの案外行けるじゃんと思い、夜もしっかり食べたら夜中にトイレとベッドの往復をする羽目になった。 そして日曜日、驚くほど快調で、もうちょっと様子を見ようと液状の諸々を摂取していたが欲求に負けてラーメンを食べてしまった。しかし何も起こらない!!完全勝利!!!!!

・・・なんて日記書いてたらしゃっくり出てきたんでデパス飲んで寝ます。おやすみなさい。

そういうこともある。

昨日は金曜日、少し時間があるので昨日のことでも書こうと思う。

 

昨日は虚無書き物タスク(虚無というより苦手)脱稿という大きな成功体験(成功体験?)があった。労のあとは知り合いと弊家で雑な飲み会的なことをした。終電以降、近所勢が残ったのでぷよぷよをした。かなりの苦戦を強いられ、最近修行の身としてはつらみがあるのだが、『最近steamで潜ってる』などと言っており、『現役なら仕方ないな!』と自分を慰めるなどした。前半は勝率1:2という感じで、途中折返しを考慮しない速攻無能5連鎖などの波状攻撃で怒涛の追い上げを見せたが、なんだかんだで圧倒的敗北、ポジティブなので自分の伸びしろを感じざるを得なかった(?????

 

そんなこんなで今日はだいぶお疲れで、外出るか悩んでいたのだが、まぁそういう日に限って運命のいたずら(???????)などがあるのだ。筋トレはあと一回で月8回の目標達成なんだけど、どうやらだめっぽい。

 

木曜日。

今日はまぁ普通(普通?)。朝暑すぎてクーラーをつけて二度寝したことくらいが特記事項。あとは作ってみたいクソアプリの案が定まってきたので、夏休みの宿題とした。帰宅時にイヤホンとスマホのtype-cの端子をイヤホンの端子に変換するやつ(僕のスマホは最新なのでイヤホンの端子がない)を忘れたので、雑にワイヤレスヘッドホンを買った。

周りが良く聞こえる上に音漏れも少ないという売り文句で気になったので骨伝導的なやつを買ってみた。通勤と運動時に使えればいいので、あまり音にこだわらない方向で。何か骨伝導の他に微妙に普通に音が鳴っているっぽく、音漏れが少ないという効果は失われている系のアレだった。ただそうなると骨伝導で本当になってんのかよと気になってしまうのだが、なんと耳栓が付属しており、これを付けても音が聞こえるのでどうやら本当に骨伝導っぽかった。骨伝導にすると聴覚上高音の減衰が大きいのか、低音増し増しな感じの音質になった。まぁ使えそうなので使っていく。でもまぁワイヤから解放されるの結構感動的っすね。フィットネス行ったので今月は7回行ったことになる。あと一回で初めての一か月8回達成。

何か色々やるべきことができてきたので列挙しておく。いつやるかはわからん。

  • クレカの解約 (2枚)
  • クレカ無償アップグレード申し込み
  • 解約するクレカの定期バッチ移行
  • 銀行口座の開設(メガバン嫌になってきたので
  • ベッドとマットレスの新規購入検討 (やっぱ今のやつ無理)
  • モニターアーム購入検討
  • Microsoft Office365課金検討
  • 食洗器購入検討

ねる

火曜。労は膨大なサンプルを取り分布の形がだいぶわかってきたなぁという雰囲気の中唐突にメジアンだけ取り出すみたいな感じのアレで、今までのサンプリングは一体…という感じが夜遅くまで。隙間時間で書き物の赤ペン先生by myselfをしたので明日はその修正と加筆の時間を確保したい。

 

遅かったのでいろいろ諦め晩飯ということで人と飲みにいくなどした。相対的にマシな話題で盛り上がったので良かった。

 

帰宅後筋トレ少々。

アイディア

起床したところ、昨日一昨日と大差ない起床だった気がしたが、一方で出社できる感じではなかった。3日目にしてようやくこれは普通でない体調であることを理解した。自身の身体ですら理解はむつかしい。午前休みをとりごろごろすることにした。

昼過ぎになり、近くのコンビニでアイスコーヒーを買い、飲みながら出勤。満員電車ではできないことだなぁと思ったが、別に出勤したくないので微妙な気持ちになった。同期と昼飯を食べながら、『アイディアが出したというのはそのアイディアがどれほどのものか評価が難しいし、口先で何とか言いくるめればゼロリスクで、僕らはちゃんとやってるんですよ、これが成果ですよと言いやすいアレな感じのアレだなぁ』という話をした。そんな話をしたと別の知人にも話したところ『ゆるやかな死』と言及していて、適切な表現だなぁと思った。

昼のあとは定時を大幅に過ぎるほどのミーティングがあった。まぁ所謂ブレスト的なアレで『アイディア出しのタイミングで生産性ばっかり考えても良いアイディアが出ない』という理屈はまぁわからなくもないのだけれど、収束が保証されたフレームワークだといいよね、という感じ。

帰宅後は晩飯をやり、少しだけぷよぷよをやった。GTRの訓練のためぼちぼちやっており、今日はその効果測定をしてみた。まず従来方式(折り返しを考慮しない連鎖構築)で素早く5連鎖をキメるやつを試したところ、おおむね16秒あれば発動できることがわかってきた。一方でGTRを活用すると、割と早く組めたなぁという感触があっても6連鎖でも30秒弱、7連鎖で40秒ほどかかることがわかってきた。どうにか型に慣れて、分散を小さくしたり、できればもう3~4秒削りたい。

失意の労の書きものタスクも少し、まぁ何とか終わりそう。