読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rkgkpyrk

^q^

ゲームなどをした。

日曜日だった。

帰ってきたので色々洗濯したり、片付けしたり、時差ボケで寝落ちしたり、まぁそんな感じですごした。

先週購入した東方紺珠伝をやった。いわゆる弾幕シューティングだが、もはやこのシリーズを初めてプレイしてから10年以上経っているのが厳しい。というかこれが出たのがすでに1年半前なので今更感ある*1

今作では各ステージがいくつかのチャプターに区切られ、死んだチャプターからやり直すことができる完全無欠モードという新たなモードが存在する。途中のつまらない事故で最初からやり直すなんてことにならないため、『何だよ楽勝かよ』などと一瞬思ってしまうが、その分いつもより難易度が思いっきりあがっていた。

紺珠伝といえば、クラウンピースちゃんが名前も覚えやすいし、どっかの国の国旗を模したと思われる服の柄があんまりに奇抜なのでずいぶん印象に残っていた。発売当時twitterなどで膨大な画像がTLに流れてきていたのもある。マジキチ幼女さんはエクストラボスと相場が決まっている*2と思っていたのでなかなかお目にかかれないのかと思っていたら、ラスボスですらなかった。僕はノーマルモードでクラウンピースちゃんより先に進むことができなかった。

何度でもやり直せるというと聞こえは良いが、自分で区切りをつけ、諦めないとまったく終わらないということなのだ。無計画にボムを使い切ってしまい、ノーボムでクラウンピースちゃんに立ち向かう。いくらでもプレイできるが、僕の腕ではこれ以上進める余地がない、いくらでもやり直すことができるが、どうせその先には進めず、僕の努力はすべて徒労に終わる。詰んだ人生っぽい。

結局イージーモードで再チャレンジ、これも死ぬほどやり直しをこなしつつ何とかクリアという感じだった。確かに全体的にイージーモード感あったが、明らかに要所要所に厳しいものが混じっていた感じがあった。完全無欠モード前提だからだろう、いつもより事故りやすいものや、気合避けが要求されるものも多かったように思える。かといって考えずに気合だけでなんとかなるかといったらそうでもなく、良い弾幕だなぁという感じだった*3

明日は久々の出社、寝る*4

*1:ひとつ前の東方輝針城の開封すらしていなかった。

*2:そんなことはないし、思ったより幼女じゃなかった。

*3:こういう意見はクリアしてから言うべきだ。

*4:寝れると良いが・・・。