読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rkgkpyrk

^q^

ボツタイトル案は『アヒルと社会とそれから私』。

旅行から帰宅した。飛行機に乗ってる間暇だったので超大作の寝言を書き連ねたのだが、あまりにポエミーで完成度が高すぎたので下書きのまま永遠に置いておこうと思う。

それはそうとして、海外生活を送る僕は休日にも関わらず今日もいくつかの学びを得て圧倒的に成長してしまった。今日の学びを列挙しておく。

 

  1. 自分以外の日本人が英語で他の人と1対1で会話しているとき、困ってるように見えていたとしてもそこに迂闊に割り込んで助けようなどと思ってはいけない。
  2. 人が英語で確認したことに対して、疑念があったとしても『それ聞き間違えてるんじゃないの?』などと迂闊に聞いてはいけない。
  3. 暫くの間、旅行は断る。やるなら1人でする。

1は第三者でありながら、本人達よりも会話の内容を自身が理解してると過信していなければ起こせないはずの行動である。やるならよくよく精査して慎重に干渉すべきだ。2はどうせ自分で確認する気は無い人間の発言であり、責任はお前にあるとマウントしてる感がすごい。『僕もよくやるんだけど』という枕詞がつくだけでいくらかマシかも。というかどちらも『俺英語できるんだけど』マウント感がすごいから良くない。3については・・・なんていうかこう、僕はちょっと疲れちゃったんだ。