読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rkgkpyrk

^q^

何か二日目。

普段虚無に触れているせいか、意義深いものに触れていると自分も意義深いことをしていると錯覚してしまう。僕による貢献があるとすれば、せいぜいへーしゃのお金をこのコミュニティに参加費という形で献上したことくらいであり、僕の人生は相変わらず虚無であることに注意されたい。

今日も色々と学びつつ、知ってる人にも少し会った。知らない人にも少し会った。知らない人と話したあと、知り合い氏に、某itterで有名な人であることを教えてもらった。なんとなく聞いたことのある名前だと思ったらそういうことだったのか。優秀な人々が高い密度で分布していると意識すると、自分はここにいちゃいけない人間だと錯覚*1してしまい良くない。

そういえば知ってる人のうち1人は学生さんで、就職について色々考えるフェーズという感じだった。僕などは事故とはいえ一応海外で働いており、そういうのはなんとなく良さげに聞こえるのだろう。「自由な感じで好きなことをできる感じですか?」という質問を受け死んだ*2。それに対して「やりたいことをやれるのは稀で、得意なことと仕事がマッチしてるだけでも随分幸せな方かもしれないね」などと僕も随分色々知ったような口を利いたものだ。

僕の得意なこととは一体・・・。

フレンズによって得意なことが違うから仕方ないね。けものフレンズ1話を観ました*3

*1:多分錯覚ではない。

*2:死んでない。

*3:3周目。

広告を非表示にする