読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rkgkpyrk

^q^

美容室に行くための心理的障壁が高い。

今日は寝坊したけどまぁ気にしない。

労は特記すべきことは特に無かった。強いて言えば、

ボス『日本での休暇は楽しめたかい?』
ぼく『もちろん』
ボス『この休暇中に結婚できたかい?*1
ぼく『もちろん出来るわけないよ!』
ボス『デートとかはしたのか』
ぼく『もちろんしてないよ!』

などと言った茶番トークがあった。この会話が影響して僕を早く帰任させようという意思決定が働く可能性だってある*2

労の最中、流石に髪がうざすぎたので切りたいと思い、いつも行っている*3の美容室が予約出来るか確認した。予約フォームがあり人を介さずに予約出来る点が素晴らしいが、残念ながら今週中はろくな時間に予約ができなかった。そこで別の美容室も調べてみたが、ウェブ上で予約状況がわからず、電話をしなければ行けないようだった。まぁ電話すれば良いのだけれど、コミュ障なので知らない人にこちらから電話する障壁が高すぎたので諦めた。大体最後に美容室行ったのが去年の春なので、もはや美容室への障壁が高すぎる。

労のあとは昨日買い忘れたものがあったので買い物に行った。帰宅後は流石に邪魔すぎる髪をキッチンバサミで削ぎ落とした。床に落ちた髪をまとめてみるとテニスボール1個分位の大きさになった。シャワーを浴び、乾かしたところさほど違和感は無い。プロの仕事とは言い難いが、そもそも自宅と職場の往復だけをする人間にそんなもの必要ないのだ多分。これでまた数ヶ月は持つだろう。

だいぶこっちの生活に戻ってきたので、明日からは運動等も再開していきたい。

*1:知人の結婚式でばかり休暇をとるせいか、このジョークはよく言われる。

*2:あるのか?

*3:2回しか行ってないけれど・・・。