rkgkpyrk

^q^

冬期休暇総括。

はじめに

久々の長期休暇を日本で過ごしたからちょっと思ったことをまとめようと思ったんだ。

前回の反省点

前回の帰国はずいぶん前のことになるけれど、普通に出張だったこともありスケジュールが厳しく、あっさり体調を崩して、滞在中の半分を腹痛と共に過ごすことになった。加えて体重増加もストレスになり、こういう運用でいくと完全に後半心が折れ、大して好きでもない某国にすら早く帰りたくなってきてしまった。

要は平穏な日常生活が恋しくなるのだ。日本での非日常より某国での日常の方がまだマシ、みたいな感じになってしまう。サステナブルで無理のない日本生活が求められる。

今回の方針

前回の反省点を踏まえ、大まかな方針として以下の2つを守ることにした。

  • 予定を入れすぎない
  • 健康は何よりも優先

これらを守るための具体的なアクションとして、以下を実行した。

  • 聞かれない限り人に帰国することを伝えないこと
  • 外出時はマスクすること
  • ビールは極力飲まないこと
  • 意識して運動の時間をとること
  • 『ついでに』とか『せっかくだから』が理由のことはしないこと

一つ目はなんというか自分が誰と会いたいかみたいな優先度付の意思決定が出来ないししたくないので、出来る限り人に伝えない戦略になってしまう。この運用でも結局会える人に偏りが生まれるのでどうしたものかと試行錯誤中。この対策の一つとして例外的に日本にいた頃は割と定期的に会ってた友人と、某国に行ってから一度も会ってなかったのでこちらから事前に連絡することにした。

二つ目はまぁ風邪対策、コミケ等人混みの多いところに行くこともあったし、時期も時期なので。

三つ目は完全に中年向け健康診断でよく医者が言うアレ。意識してると言うと『まだ早いだろ』とか言われちゃうこともあるんだけれど早いに越したことは無いと思う。初手ビールの意思決定は割と速攻で行われるので、自分の中での代替案の定番は事前に決めて置くと良い。僕は芋焼酎をよく選ぶ。

四つ目はもう少し詳細まで書くと、

  • 終電に余裕を持って飲み会のあと解散した場合は30分~1時間位歩く
  • 隙間時間で浅めなスクワットをする

あたりを意識して行った。スクワットは例えばドライヤーで髪を乾かしながらとかそんな感じ。スクワットは場所の制約があまりないのでアド。本当はもうちょっと真面目にやるべきなのだけれど、そういう環境が実家には無いので最低限これだけはやる。

五つ目はこの動機でお金を使う分にはそうでもないのだけれど、時間を余計に使う場合に結果として良くないことが多い印象がある。こういう動機づけは僕の頭の中でも自然と出てきてしまうので意識して殺さなければいけない。それによって出来る余裕は決して無駄ではなく、結果的に僕をメンタル面でもフィジカル面でも楽にしてくれる。日本に来ると多くの人からこの言葉のシャワーを浴びせられるのだけれど、もちろんそれは僕への気遣いであり、諸悪の根源は彼らでなく僕が東京に住んでいないことある。

今回の結果と反省

冬休みであることもあり、あまり帰国予定を伝えてなかった割には多くの日の予定が埋まり、そして多くの飲み会が設定された*1。ビールを飲んだのは飲み会のうち半分位、まぁこんなものだろう。

比較的早めに終わった飲み会のあとは、例えば秋葉原から水道橋まで歩いて芳文社に一人で初詣(?)に行ったり、母校(高校)の最寄り駅で下車し、そこから実家まで歩いて帰ったりなど、積極的に食後の運動を行うことで睡眠の質をあげることが出来、全体としてパフォーマンス*2があがった感じがした。滞在中はどうしても1人でいられる時間が少なくなるので、1人でただひたすら歩く徒歩は気分転換にも良かった*3

とはいえやっぱり予定を入れすぎた感じがあり、最後は疲れてしまい、最後の数日は全部断ることにした。ごめんなさい…。しかしまぁ最後まで体調不良らしい体調不良も無く過ごすことができたので*4、前回より大幅にマシだった感じはある。

相変わらず自分が空いてる時間にやろうと思っていることを後回しにしたり犠牲にしたりしてしまっており、スケジューリングの見積もりの甘さが目立った。自身のキャパを精緻に見積もる必要がある*5

『せっかくだから』系のミスで特に厳しかったのは一人で新幹線に乗って母親の実家に行こうと思っていたのだけれど、『せっかくだから』とのことで何故か家族総出で車で行くという大事(おおごと)になってしまい、結果として結構消耗してしまった。某聖地が近かったので、一人だったらついでに色々回りたいなとも思っていたのだけれど、一人でないとそうもいかない。

人の善意を上手にかわすことが出来る高度なコミュ力が今後の課題となるだろう*6。体重も帰国前の時点では自己ベストとも言える状態を保っていたのだが、結局前回と同じくらいまで増えてしまった。年末年始ということで体重が増えやすい時期ではあるが、やはり外食の量を減らすなり運動量を増やすなりしていかないと厳しい。

総じて、最後まで比較的良好なコンディションを維持することは出来たが、サステナブルとは到底言い難い結果であった。とはいえまぁ所謂ハレとケで言えばハレの部分であるので、完全に日常生活として捉えることは困難だと思う、年末年始だったし。

将来的に日本で普通に日常生活を送るにしても、社会でやっていくとした上で、今並に外食を控えたり一定量の運動を確保したりするのはかなり難しい気がしていて、どうしたものかなぁと思う。ジムとか通う人すごいよね、僕は絶対徒歩2分でなおかつ受付などの人とのコミュニケーションを介さないようなタイプじゃなきゃたぶん習慣に出来ない。あと人が多いのも多分ダメだ*7

とは言え当時の体重に戻したくもないので、なんとかこの辺の問題解決しなきゃいけなくて厳しい。出来れば社会でやっていかない方向でいきたい。

解除実績一覧

ソシャゲ脳なのでこういうまとめ方をする。

一般

  • 親戚巡り
  • 親戚以外の友人10名以上と会う
  • 自動車運転総走行距離500km over。
  • 深夜徘徊総歩行距離20km over。
  • 総歩行距離30km over。
  • 神田明神に初詣
  • 芳文社に初詣

趣味的なやつ

食べ物

特に普段食べにくい特記すべきもの。

お出かけチャレンジ

*1:しんどいのだけれど、ありがたい話である。

*2:何のパフォーマンスだろう?

*3:ちなみに歩くこと自体は時間毎のカロリー消費が少なくコスパが悪いのであまり好きではない。

*4:一度だけ朝ふらついてドアの縁に思いっきり頭をぶつけて大きな瘤ができた程度だ。

*5:どうして休暇にそんなことを…。

*6:無理無理。

*7:無理なのでは。

*8:生卵という課題がある。

*9:ラーメンは結構あるのだが、つけめんは美味しくいただけるものがなかなか無い。

広告を非表示にする