読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rkgkpyrk

^q^

人間関係ビームサーチ。

昨日のような漢字+カタカナのタイトルが微妙に気に入っている*1

早朝に携帯が何度か震えた。起床してから眺めてみると新年会をしようという流れのグループチャット的なやつだった。 前回の帰国時にかなり久々に会った人々で構成され、長年のギャップからかクラクラするほどに世界観が異なっているため、下手をすると英語で喋るときよりも何を発言するか一生懸命考えることを強いられてしまった*2。帰りの電車での自身のコミュ障っぷりへの絶望感とあそこから抜け出せたことへの安堵感はすごかった。

あれから半年、このグループチャットはずっと既読スルーをキメているので、今回もそうしようかと眺めてみたところ、半年既読スルー野郎に対して名指しで『もし帰国してたらぜひ』などと入っており、社交辞令とはいえ流石にこれスルーするの厳しいなどと思ってしまった*3。ここで『年末年始は東京に帰ってるから予定があえば』なんて返す必要は本当は無くて、既読スルーなりきちんと嘘をつくなりすることによって、全体最適っぽい感じにするのが良いのではと思う。

とは言え僕の滞在日数にも限りがあるからまだ参加すると決まったわけではない。意思決定権は向こうに投げられた。必要であれば上手に僕を排除してほしい。別に悪い人たちとかそういうわけでは無くて、ただ僕がそこにいづらいだけで。色々厳しいなと思いつつ、実は僕は彼らともう1度会いたかったりするのだろうか。

今日の労はボスと同僚氏が休みに入ったので、ようやく優先度の低いタスク群に取り組む事ができた。ギリギリだったがなんとかなりそうだ。面白かったのは同僚氏の席にカバンとPCが置いてあったことで、てっきり今日も来ているのかと思いきやずっとそのままで、どうやら先週末に全て置いて帰ったらしい。

僕も長期休暇の前日に旅行のため夕方の飛行機に乗るときなど、定時よりも前に職場を出るのが何となく気まずいのと*4、そもそも荷物になるので、荷物を置いたまま身軽にそそくさと職場を抜けるということを何度かしているのだが*5、多分それを見て同僚氏は学習したのだろう。彼もなんだかんだで割と周りを気にするタイプだ。先週の金曜日、Vacationへの華麗なRapid Startをキメたのだ。

そして僕がそういうことを何度かしているのが同僚氏にはバレている。まぁつまりはそういうことだ。

*1:とてもどうでも良い。

*2:誰も強いてない。

*3:こういう中途半端さが一番コミュ障っぽいと思うところがある。

*4:そもそも定時な気がしてるだけでそんなものはない。

*5:ちなみに旅行用の荷物は車のトランクに入れておく運用だ。