読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rkgkpyrk

^q^

俺はこいつと旅に出る(ナゾノクサ)

今日はもとの部署から頼まれ事をしたので、その対応をしたりしていた。 雑務っぽいが、こういうことでもないと僕の存在が忘れられそうだし、大した労力もかからないのでたまには良いだろう。

話題は変わるが、先週あたりに母親からメールがあり、その返事をするために何度か電話をかけていたのだが、夕方仕事のあとに電話してみたところ、ようやく繋がった*1

僕宛に届いたAmazonの箱をどうするかという割とどうでも良い話題で、その中身はDTMマガジンで、要は休刊してしまうので記念に買っといたものだったので、『実家に置いておいてくれれば良い』とだけ伝えた。

最近はパートや友人などからLINEを始めろと圧力がかかっており、スマホにするか悩んでいるという相談を受けた。キャリアに見積もりとってもらったら糞高かったとのことだったので、とりあえず家で使うだけならipadでもできることを説明したあと、安めなMVNOに移行や、スマホを持ってもどれくらい使うかわからないとのことだったので、別途契約して携帯と並行してとりあえず使ってみるのはどうかなどと提案した。

LINE使ってもらえると僕もわざわざ電話しなくて済むのでまぁちょっと移行してほしい気持ちが無いわけでもない*2

電話を終えると携帯に日本にいる後輩氏からメールが入っていた。『俺たちの進んだ道は別々に分かれていたが、とうとうその先でつながりそうだぜ*3』などといった意味深な内容で、今日のコミュ力は使い切っていたので『おっけーよくわからんけど明日話そう*4』とだけ返信した。

寝る前に少しだけポケモンを進めた。エンディングのあとまだまだ続くことがわかった今、サン&ムーン発売前にすべてを終えることは諦め、じっくり進めることにした。アニメでサトシは次の旅に出るにあたり、ピカチュウ以外を置いていく描写があったと聞いている。僕もこれに習い、ナゾノクサ以外のメンバーを一新することにした。せっかくなので縛りプレイにしようと草ポケモンだけで揃えたら、なんてことない主人公の住む町の近くにいる普通のトレーナーが『きみを倒すために頑張って育てたんだ』みたいなことを言って出してきたオオスバメ Lv49*5に殺されかけた。唯一戦えるナゾノクサ(Lv59)ですら体力半分削られてどうしようかと思った。案外楽しめそうなのでこの縛りで行こうと思う。

*1:母親はガラケーを使っており、メールはキャリアメールしか受信できない。そしてそのメールアドレスで僕のgmailに送ってくるから返信ができないのだ。

*2:やり取りの頻度が上がりそうな気もしてそれはそれでめんどくさい気もするが。

*3:もちろん意訳である。

*4:これも意訳である。

*5:ノーマル/ひこう