読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rkgkpyrk

^q^

相対的に悪くない(たぶん

今日も虚無の作業*1に取り組もうと思っていたら同僚の方*2が、やってくれているようだったので、そういうことならやってもらおうとやってもらうことにした。

午後にチームでレビューをしてみたところ、なんというか独特のセンスが感じられたものの、別に内容的におかしな感じではなくそういう方向性のパワポもあるのだなという感想をもった。正解は一つじゃないのだ。少しこちらでも修正を加えたりしたが、正直僕の工数がだいぶ減り、ありがたかった。

と、まぁ色々と消化が捗ったので、詰みあがっていたあれこれの消化した。上司さまがメールで色々騒いでいたが定時を過ぎていたので今日は見ないことにした。

帰宅後はタフな月末に備えて少し筋トレに取り組み、その後DTMなどをやった。後者は今打ち込んでるやつを月末の約束された死の前に完成させたいなぁと思っているのだけれど、若干厳しそうな感じもしている。あとAmazonでポチポチしてしまい、なんか日本1往復分の航空券くらいふっ飛ばした気がする。

まぁもうすぐ茄子だしたまにはね。

*1:ppt

*2:上司ではないのだが年が結構上なのでこういう奥ゆかしい(?)表現になった。

ボスとの対立は仲間たちの圧倒的フォローにより鎮火され、不完全燃焼感もありつつ、一晩寝てみるとなんだかんだで自身にもまぁ多少非があったかなぁという気もしてきてしまい、まぁそんな感じで進めた。このタスクはまだまだ続く。

一区切りついた気持ちになった*1のでビールと肉を摂取した。明日も虚無をする。

*1:一区切りついたとは言っていない

まっしんらーにんに想いを馳せながらppt

パワポだった。定時あたりまでは2つのdiscriminatorが存在するGAN*1に想いを馳せながらパワポをした。物理的なコミュニケーション、そしてメール作成も明らかに1日に許容できるコミュ力消費量の限界を超えた上に、厳しいのはむしろ明日からなので帰宅すると、第3のdiscriminatorが突然非同期で古いモデルに対して更新を行い*2、目的関数が吹っ飛んだ*3

呼吸を整え、晩御飯をつくることにした。今日は魚の付け合わせ野菜にケールが活用されていた。青汁のイメージが強かったが、案外美味しくいただけた。美味しくいただけたところで、3rd discriminator対応を行った。我ながらちゃんと対応したと思う。気持ち的にすっきりしなかったので、少しだけ筋トレすることにした。汗を流し、いい具合の疲労感があり、まだ寝るまで少し時間があるので、シャワーでも浴びたあとに趣味にでも興じるかと思ったら、『そういうことじゃないんだよ』と言うお手紙*4が届いていた。

結果としてそうじゃないのは分かったんだけど、明らかに前回と今回とで言ってることが違っていて、まぁ隠れ変数と観測に乖離があるという認識は現代的なモデリングにおいて常識だから、対話的なプロセスによりサンプル数を増やして、お気持ちを読み取ってあげなきゃいけないよね、という感じでニコニコしながら対応した。『(やりとりをしてようやくわかったけれど、)先ほどの文面ではあなたが言いたいことが僕にはさっぱりわからなかった。』という最初に1文は余計だったかもしれないけれど、きちんと気持ちを伝えること、ラベルを付けるのは大切。みんなそうやって学んでいくんだ*5

ってな具合で色々書いてたらもう寝る時間で、シャワーを浴び、こうやって日記も書いているというわけだ。がっかりだよ。

*1:比喩表現である。

*2:比喩表現である。

*3:比喩表現である。

*4:比喩表現である。

*5:?????

げつようび。

月曜なので出社した。昨日花粉症にやられた後遺症がひどく、完全に目が充血していた。しかしながら職場もアパートも比較的最近開発された不毛地帯なので、この2か所を往復する分にはあまりつらいことにはならなさそうだ。そういう感じでやっていく・・・とか言いながら完全にアレで午前中は結構ツイが増えてしまった。

とりあえず週末にやったパワポを投げてみた。そこには週末悩みぬいて編み出したとっておきの謎フレーズがあり、趣味がDTMでこれまで何度か作詞も経験してきた僕としては『聴かせてやるよ―――論理の律動を…*1』という感じだったのだが、やや前衛的すぎたらしくあっさり棄却され、いい具合の代案が返ってきた。それは飾らない言葉でありながら、僕が表現したかった気持ちを包含しており、これがプロの技かといたく感心した。

帰宅後は打ち込みなどを楽しんだ。あとはちょっと自分へのご褒美にカメラのレンズなどを買うと良い気がしてきたので、色々調べるなどした。カートに入れるとこまで終わったので、そのうち購入しようと思う。たぶん明日の深夜から明後日にかけて悲劇が起きるので、そのあとあたりのアレな気分なときにアレしたい。

*1:当然ロジックのリズムと読む。

広告を非表示にする

仮想現実でのみ草を楽しみたい。

結論を言うと死んだ*1

知人がまた産地直葬されてきたので、一緒に昼食を摂ったり、また別の知人が明日から休暇で一時的に帰国するからと一緒に夕食を摂る感じの1日だった。それはまぁ良い。

やばい。具体的には目のかゆみとくしゃみの止まらなさがやばい。症状は先週の小旅行からなので、車に僕が拒絶反応を起こすタイプの劇物*2が残留してるのかもしれないと思い、とりあえずお手頃サイズの電池式の掃除機などを買い、車内の掃除を行った。しかしながら、脳裏にこれまでの経験、ここ数日の体調、その他もろもろを考慮するとある仮説が浮かび上がってきた。

今年ほどひどくないが去年も何だかんだで同じ時期に少しだけ花粉症を感じている。タイミング的に一昨年ここに直葬された時期と一致しており*3、なんでそんなことを覚えているかと言えばその当時はそういう症状が一切出なかったのだ。

去年、この段階で僕は季節性の何か*4であるという仮説を棄却していた。一昨年は症状が出ず、去年は少しだけ、そう考えるのは自然だろう。しかしながら今年は死にそうな位出ている。

ところで、ポケモンGOでは今日か明日あたりまで、春だから草ポケモンが多く出現するという安直なイベントをやっている。僕の好きなポケモンは草ポケモンが多く、特にナゾノクサハネッコなどは最高だ。こんな不毛地帯で彼らを捕まえるチャンスはもう二度とない、そんな気持ちで今を楽しんでいると、ふと気が付いてしまった。そう、こんなにも草が生えてることなんてめったになかったのだ・・・。

僕の住んでる地域は乾燥している地域で、この時期になるともう水は枯れ果てて、山ははげ山のようになってしまう。そういう地域なのだ。しかし今年は雨がめちゃくちゃ降ったのだ。そう、ダムが決壊しそうになるくらいに。水が潤沢にあるとどうなるか、草木が育つんだよ。衛星写真から花の色がわかっちゃう位に。

思い返してみれば、来た当時は本当にこの国は水不足だった。あまりに水不足すぎて、レストランでは客から頼まれなければ水を出してはいけないという茶番的なルールがあった*5。去年はそれが少しマシになって、そして今年は御覧の有様、つまり僕は普通に草木が育てばこの地域では花粉症を発症する。たぶん、そういうことなのだろう。普段使ってた薬を容易に取り寄せられない分とても絶望的だ。

*1:死んでない。

*2:花粉

*3:そしてそれはまさに今の時期である。

*4:つまり花粉症だ。

*5:もちろん頼めば出してくれるわけだが、効果はあったのだろうか。

終わりが悪かったので台無し。

起床、昼だった。お料理をした。前回の料理でニンニクをすべて使ったが、本当は半分残しておくべきで、今回も使うことが判明する回だった。

今日の普段使わない食材として、COUSCOUS(クスクス)があった。米的な感じで扱い、チキンライスっぽく仕上げる感じのレシピだったが、デザートとして活用するといったアプローチもあるらしい。特に今回が初めてというわけではないが、サワークリームやドライフルーツを入れてまろやかさや甘みのアクセントを加えるアプローチは個人的に好みで、今後自分で調理するときも積極的に取り入れていきたい。

その後は洗濯などのタスク消化を行ったのち、読書などをした。積読の中からちょっと重そうだと感じていた1冊を選んだのだが、案外読みやすく、今日だけで4割ほど読むことが出来た。明日本気を出せば読破できそうだが、平日も含め今週中にという感じで行きたい。

夜は運動を少し多めにやった。せっかく本を読んでいたので、読みながら30分ほどチャリを漕ぐっぽいのをこぐやつもやった。作業用BGMでも漕ぐやつでもそうだけれど、他のことをしながらやる場合はあまり興味がそっちに行き過ぎない程度に調整するのが良い。作業用BGMであればボーカルがない方がよさそうだし、漕ぐやつであれば普段より負荷は低めにしておかないと集中しづらい。

一汗流した後シャワーを浴び、なかなか悪くない1日だったじゃないかと感じていたところで週末に片付けなきゃいけないファンタジックパワポの存在を思い出し少し作業、今に至る。全体の流れっぽいものはできた感じがしたので、少し体裁を整えれば人に見せられそう。来週はひたすらこれの出来が悪くて怒られる日々になるってわけだ。

うずうず忍び寄る5月末。

金曜日の朝は限界 of 限界という感じで、世界を呪い殺せる気がした。

出社後はイラスト作成*1などの専門的労働を行った。昼は珍しく同僚氏とタイミングがかぶり、一緒に食事をとる感じになった。昼はどちらも弁当なので、弁当についての話などをした。あとは午前中に誰かの誕生日祝いが行われたと思われる残骸*2が残っており、それも一緒に楽しんだ。

普段我々がそういうお祝い事をすると、ベジタリアン対応のケーキを選ぶことになり、それがあまりおいしくないのだが*3、今日の残骸はどうも普通に卵などが入っているタイプのようで、なかなか美味しくいただけた。

昼も多少バタバタで定時後にずっしりやることが残る感じになってしまった。手元には2つのタスク、出来れば今週末に計算機に投げておきたいタスクと月曜までに第1稿を完成させたいファンタジックパワポだった。涙を堪えながら前者を優先し、後者は週末のタスクにすることとした。労は悲しい。

遅くまで職場に残ってしまって悔しいので、スーパーに行くことにした。遅い時間なら空いているだろうという考えである。結果そこそこ空いてたが思ったほどでなくちょっと悔しかった。残念ついでに完全に魔法がとけて疲れたおじさんになりかかっていたので*4、アメリカ的な惣菜とお気に入りであるオリオンビール(350ml)を購入し、帰宅した。

帰宅後はどこにでもいそうな普通の中学生のつもりだったアニメのブルーレイを鑑賞しながら、惣菜とビールを楽しんだ。今月はもはや約束された死という感じなので、今週末はゆっくり休みたい。

*1:パワーポイント

*2:ケーキ

*3:というか僕が知らないだけで美味しいベジタリアン対応型ケーキが存在するのかもしれないが。

*4:思い込む気力もないということだ。